血糖値を下げるにはウォーキングが最適? 理由と続けるコツ

血糖値を下げるためには、適度な運動が大切と言われていますが、毎日の仕事に追われてなかなか出来ないものです。

運動といってもいろいろとありますが、血糖値を下げるためには、実は誰でも手軽に出来るウォーキングが一番効果的なので、難しく考えないで、歩くことを週間にしてみてはいかがでしょう。

 

血糖値を下げるために、ウォーキングが最適な理由・・

 

運動が苦手!という人でも、歩くだけ、ウォーキングなら気軽に出来るはずです。
実は、ウォーキングは、血糖値を下げるための運動で最適と言われています。

 

どうして、血糖値を下げるために、ウォーキングが最適と言われているの?

他にもジョギングや水泳など、いろいろな運動がある中で、ウォーキングが最適だと言われる理由は、ウォーキングが最も手軽で継続しやすい、という点にあるようです。

 

 

ジョギングや水泳の方が、ウォーキングよりも運動効果は高いです。しかし、正しいフォームで走ることが大切で、そうしないと、ひざや腰への負担が大きくなり、反対に身体を痛めてしまうリスクがありますし、水泳も続けにくいのがデメリットです。

 

若いころのように、スムーズに身体が動かず、運動も日課になっていない中高年の人が、いきなり身体への負荷が大きいジョギングをするのは、リスクもあり、また、なかなか続けられない人も多いです。

 

また、体重が重たい人の場合には、さらにリスクも上がります。心臓に負担がかかるジョギングは、太り気味の方には、心筋梗塞などの危険があるので、やはり、身体への負荷が小さいウォーキングが最適なのです。

 

効果的なウォーキングのコツ

効果的なウォーキングのコツとは、毎日コツコツと続けることです。毎日続けるためには、無理のない範囲で歩くことが大切なので、時間にして1時間程度になるでしょう。

 

1時間のウォーキングも難しいようなら、最低でも30分は続けるようにしましょう。

 

歩く速さは早歩きくらい、また、歩く前には、簡単なストレッチも行えば、よりウォーキング効果も上がります。
買い物に行くとき、会社帰りに一駅歩く、朝早く出て遠回りしてあるくなどなど生活にウォーキングを取り入れてみましょう。

 

 

まとめ

有酸素運動であるウォーキングには、ダイエット効果も大きく期待出来ます。
健康的に体重を減らすことで、インスリンの効きも良くなりますから血糖値を下げることが期待でき、また、ウォーキングそのものにもインスリンの効きを良くする働きがあるとも言われいています。

 

簡単で続けやすいウォーキング。血糖値対策だけでなく、生活習慣病予防のためにも今日から初めてみましょう!

血糖値を下げるにはウォーキングが最適? 理由と続けるコツ