睡眠のとり方が与える血糖値への影響って?健康的な睡眠時間について

血糖値をコントロールするためには、食生活の改善や運動をすることなどが大切、と言われていますが、実は睡眠とも深い関係にあるのが血糖値です。
睡眠のとり方が、血糖値にも大きな影響を与えています。
血糖値を上げないためには、毎日健康的な睡眠時間を確保することも大切になります。

 

睡眠と血糖値には、深い関係が!

睡眠をとることで、日中の生活で溜まった身体と心の疲れをすっきりと取ることが出来ます。また、良質な睡眠は、血糖値を正常に導くためには欠かせないものです。

 

睡眠不足のデメリット

睡眠不足になると、交感神経を活発にするホルモンの分泌量が増加して、血糖値や血圧などが上がります。

 

さらに、このホルモンは、血糖値を下げる働きがあるインスリンの効果を低下、インスリン拮抗性を高める作用があります。
つまり、睡眠が不足すると、インスリンが効きにくくなるので、血糖値が上昇しやすくなるのです。

 

 

また、睡眠不足になると、食欲増進作用があるホルモンの分泌量が増えます。カロリーオーバーの食生活は当然、高血糖につながり、これが続けばインスリンへのダメージも大きくなります。

 

 

慢性的な睡眠不足は、運動不足にもつながります。昼間も眠気が続くようになり、活力が低下してしまいます。
血糖値コントロールのためには、適度な運動も欠かせないのですが、運動をしよう、という気力が湧いてこなくなります。

 

 

健康的な睡眠時間とは・・

 

血糖値を安定させるためにも、毎日良質な睡眠を取ることが大切です。
健康的な睡眠時間とは、人によって生活スタイルなども違うので一概には言えませんが、アメリカのある調査で、6時間半から7時間半の睡眠時間を取っている人が、最も寿命が長いことが分かっています。

 

 

良質な睡眠のためには、睡眠時間と同時に、睡眠のゴールデンタイムと言われている、午後10時から午前2時までの時間に、睡眠を取ることが大切です。

 

 

日付が変わるまでには、布団に入っておくのが理想的です。また、眠りの深さも重要です。深酒をしたり、寝る前にインターネットやスマホをしていては、眠りも浅くなるので注意が必要です。

睡眠のとり方が与える血糖値への影響って?