どうして血糖値を下げる必要があるの?危険性を考えないと大変!

中高年になると身体にはさまざまなトラブルが発生、健康診断の数値も気になるようになりますが、中でも血糖値は健康を大きく左右する重要な要素です。

血糖値を下げる必要があるのはどうしてなのか、血糖値の危険性をここで詳しくご紹介しましょう。

 

 

血糖値とは何?どうして下げる必要が!?

 

血糖値が高いと糖尿病になってしまうとなんとなく知ってはいても、詳しいことは知らない人が多いのではないでしょうか。
糖尿病になる前に、血糖値のことをもっと詳しく知っておくことが大切です。

 

血液中に存在する糖の多さを表しているのが血糖値です。

 

食事をすれば当然、血糖値は上がりますが、空腹時でも血糖値はゼロにはなりません。
空腹時の血糖値を空腹血糖、食後に上がる血糖値を食後血糖と言います。

 

 

血液の中に入った糖は、細胞に運ばれるか、または血液中に溜められます。
食後、一時的に上昇した血糖値も、糖を身体の細胞に運ぶ働きがあるインシュリンのおかげで次第に低下します。
インシュリンは糖を身体の細胞に運び、これがエネルギーとして消費されないと、脂肪として蓄積されます。

 

ここで問題になるのが、インシュリンの機能が低下することです。

 

インシュリンの機能が低下するとどうなるの?

 

血糖値を調整してくれるインシュリンも、あまりにも高血糖の状態が長く続くと、その機能が低下して、細胞に糖がスムーズに運ばれなくなり、血液中にたくさん溜められてしまうことになります。

 

甘いものや炭水化物は糖分がたくさん含まれていますので、これらの多く食べているとインシュリンへの負担が大きくなり、これが高血糖を招きます。
インシュリンに負担をかけないためには、血糖値を上げ過ぎないような食生活が大切になるのです。

 

 

血糖値の危険性とは・・

 

インシュリンの働きが低下して、血液中の血糖値が高い状態が続くと、血管に大きな負担がかかるようになります。
全身の血管がダメージを受けるとことは非常に危険なことで、さまざまな合併症を引き起こす原因となります。

 

インシュリンの働きが低下し、常に血液中の血糖値が高い状態に続く病気が「糖尿病」です。

 

糖尿病が怖いのは、それによる合併症です。
細い血管へのダメージが大きくなると、網膜症や腎症のリスクが上がり、太い血管へのダメージは、動脈硬化の原因になります。
動脈硬化がさらに進行すれば、狭心症や脳梗塞、心筋梗塞といった命にも関わる病気へとつながります。

 

どうして血糖値を下げる必要があるの?危険性を考えないと大変!