血糖値を下げるために見直したい毎日の食事メニューとは

毎日の食事メニューは、血糖値と深い関わりがあります。何気なく食べている食べ物が、血糖値を急激に上げているかも知れません。

 

血糖値を下げるためには、まずは食事に関する知識が必要です。

 

血糖値が気になる方は、これから紹介することを参考にして、今すぐにでも、毎日の食事メニューを見直してみてください。

 

 

血糖値を下げるためには、毎日の食事メニューの見直しを!

ブドウ糖は、私たちが普段活動するために必要なエネルギー源ですから、通常であれば、血液中の血糖濃度は一定に保たれています。

 

食べ物を食べると一時的に血糖値は高くなりますが、すい臓から分泌されるインシュリンによって、ブドウ糖をコントロールしてくれます。

 

エネルギーとして消費されたり、余ったブドウ糖は、すい臓や筋肉組織に貯蓄するように働きます。

 

インシュリンのおかげで、血糖値が一時的に上がってもすぐに安定した状態に戻るのですが、血糖値を急上昇させる食品が多いメニューが続くと、インシュリンをたくさん分泌しなくてはいけません。

 

そのような状態が続けば、すい臓の働きが低下して、インシュリンの分泌量も低下、血糖値がコントロールできなくなります。

 

 

血糖値を下げるためには、糖分の多い食品を控えることが大切です。
ご飯や麺類、パンなどの炭水化物や、アルコールやジュース、イモ類にも糖分が多いです。
また、ケーキや和菓子などのおやつにも糖分が多いので、血糖値が高めの人は、出来るだけ避けた方が良いでしょう。

 

 

血糖値を下げる食事のコツは・・

血糖値を急上昇させる食品は、主に主食となるものです。

 

ご飯や麺類、パンなどは、主食ですから、全て抜いてしまうと、お腹が空いて倒れてしまうかも知れません。

 

血糖値を下げるためには、これからの主食を少なめにして、玄米や雑穀米、ライ麦パンなどに切り替えるのもおすすめです。

 

また、食物繊維が多い野菜や海藻類、きのこなどを、たくさん食事メニューに加えることもおすすめです。

 

食物繊維をたくさん摂ることで、糖分の吸収が抑えられるので、血糖値の上がり方も穏やかになります。

 

血糖値を下げるために見直したい毎日の食事メニューとは