アロマの効果的な使い方でできる血糖値・糖尿病対策とは

香りでさまざまな疾患を治療するアロマセラピーは、糖尿病対策に利用出来ます。
血糖値を改善するために効果的なアロマオイルの種類や、効果的な使い方を紹介しましょう。

 

糖尿病対策にアロマが効果的!?

 

自然の植物から抽出される精油には、とても良い香りがしますが、この香りには、心や身体に素晴らしい効果を発揮してくれます。

 

私たち人間は、香りを嗅ぐと刺激が脳に伝わり、さまざまな反応を起こすのですが、アロマオイルのようないい香りを嗅げば、緊張や不安を緩和、ストレスへの効果も期待出来ます。

 

アロマオイルの元になる植物は、実にさまざまで、各植物によって、人間の脳にもたらす作用も違ってきます。
西洋では、医療の代わりに病気治療にも用いられるほど、アロマセラピーは普及しています。

 

 

膵臓の働きにアプローチするアロマオイルがある?

糖尿病対策では、血糖値を改善することが大切ですが、そのためには血糖値をコントロールするインシュリンの働きを改善しなくてはいけません。

 

インシュリンが分泌されているのはすい臓です。

 

このすい臓の働きに効果があるとされているのが、ラベンダーやゼラニウムのアロマオイルです。

 

ラベンダーは、ストレスを穏やかにしてくれるリラックス効果があるアロマとしても人気ですね。
ゼラニウムは他に、不安を取り除く働きがあったり、更年期障害にも良いとされているアロマです。

 

 

血糖値は、興奮や不安によるストレスでも上昇しやすいので、リラックス効果のあるその他のアロマもおすすめです。
例えば、カモミールやマンダリン、ベルガモットなどのアロマオイルにも、リラックス効果があります。

 

 

血糖値を改善するためのアロマの使い方は・・

これらのアロマオイルの中から好みの香りを選んだらアロマポットに数滴たらして使用しましょう。
アロマポットがなくても、お湯を入れたコップに数滴だけアロマオイルを垂らすだけでも、部屋全体に良い香りがしてきます。

 

 

また、お風呂に入る時に、湯船に数滴たらしてみるのもおすすめです。お風呂に良い香りが充満して、リラックス効果もばっちりです。

 

マッサージオイルに混ぜてみるのもおすすめです。キャリアオイルに対して、アロマオイルは1%くらいで良いでしょう。。
身体も心もほっとリラックスすることができます。

アロマの効果的な使い方でできる血糖値・糖尿病対策とは