血糖値を下げるお茶?選び方の飲み方のコツとは

血糖値を下げるには、毎日飲んでる飲みもの選びも大切です。
ジュースなどの甘い飲みものは、血糖値を急激に上げてしまうもので、血糖値が高めの方は避けたい飲みものです。
血糖値を下げるにはお茶が理想的ですが、いろいろな種類のお茶があるので、その中でも血糖値への作用が大きなものを紹介したいと思います。

 

 

血糖値を下げることが出来るお茶とは・・

インスリンの分泌を増やして血糖値を下げるためには、糖分やカロリーが低い食事も大切ですが、飲みもの選びも大切です。
糖分の吸収を抑える成分が含まれたお茶や、インスリン分泌を多くする成分が含まれたお茶があるので、そのようなお茶を選んで飲むのがおすすめです。

 

緑茶

私達日本人にとって最も身近なお茶といえば緑茶ですが、緑茶も血糖値を下げるのに効果的なお茶です。
緑茶に多く含まれているカテキンという成分には、糖の吸収を抑える働きがあります。

 

緑茶には特にカテキン含有量が高いので、血糖値が気になっている人には最適なお茶と言えます。

 

ヤーコン茶

ヤーコン茶も糖尿病への効果が期待出来ると言われています。科学的にもヤーコン茶への作用が解明されてきており、注目を集めています。

 

ヤーコン茶に含まれているポリフェノールには、糖分の分解を抑制する作用があり、おだやかに糖分が吸収され、血糖値上昇を抑えることが期待されます。

 

また、ヤーコンの茎や葉には、インスリンと似た働きがあることが分かっており、必要以上に血糖値を下げる恐れもないので、安全に飲むことが出来ます。

 

桑の葉茶・グアバ茶

桑の葉茶やグアバ茶も血糖値を下げることが期待出来ます。
桑の葉やグアバ茶に含まれている成分にも、糖分の分解を抑制する働きがあるので、糖分吸収がおだやかになり、血糖値の上昇が抑えられます。

 

 

・飲み方のポイント

 

飲み方のポイントとしては、やはり、食事と一緒に飲んだり、食後に飲むのがおすすめです。
糖の吸収をおだやかにすると同時に、糖分そのものの吸収を抑える働きもあるので、食事と一緒に飲むことでダイエット効果も期待出来ます。

血糖値を下げるお茶?選び方の飲み方のコツとは