健茶王のメリット・デメリット 効果はあるの?口コミまとめ

烏龍茶、緑茶、黒豆黒茶の三種類で飽きにくい味

 

 

アサヒ飲料カルピスの健茶王は三種類の味が用意されています。
すっきり烏龍茶、香ばし緑茶、黒豆黒茶にはそれぞれ難消化性デキストリンが含まれていて特定保健用食品でもあります。

 

すっきり烏龍茶 香ばし緑茶 黒豆黒茶の違いって?

すっきり烏龍茶 香ばし緑茶 黒豆黒茶は味が違うのはもちろん、原材料が異なることで、カフェインの量などが違っていました。

 

ただ、血糖値の上昇を穏やかにする難消化性デキストリンの量は、1杯辺りに対してどれも6グラムとなっており差はないようです。

すっきり烏龍茶(200mlあたり) 難消化性デキストリン(6g)、烏龍茶、香料、ビタミンC

※カフェイン 36mg
※糖質 0.4-1.6g
※カロリー 12kcal

香ばし緑茶(200mlあたり) 難消化性デキストリン(6g) 緑茶、ビタミンC 香料

※カフェイン 26mg
※糖質 0.6-1.6g
※カロリー 13kcal

黒豆黒茶(350mlあたり) 難消化性デキストリン(6g) 黒茶(プーアル茶) 黒豆(大豆) 烏龍茶 ビタミンC 香料

※カフェイン 91mg
※糖質 0.3-2.5g
※カロリー 7-18kcal

 

健茶王のメリット・デメリット

健茶王のメリット

難消化性デキストリンを6グラム配合

アメリカのFDA(食品医薬局)が安全な食品素材として認めている難消化性デキストリン 糖分脂肪がゆっくり吸収されます。

 

烏龍茶、緑茶など普通のお茶感覚で飲みやすい

それぞれ飲みやすく苦味の少ない味です。食事との相性もバッチリですね。

 

まとめ買いでコストもかからず安い

烏龍茶と緑茶は2リットルのボトルがあります。6本まとめての購入だと、1杯64円、一日三杯でも192円と低コストです。

 

 

健茶王のデメリット

食事と一緒にとる必要がある

1日3回 食事とともに摂るタイプです。忘れないようにすることと、外出先に持ち歩くには不便ですね。

 

カフェインが含まれている

烏龍茶 緑茶 黒豆黒茶すべてノンカフェインではないので、カフェインが含まれています。

 

健茶王の口コミをまとめました。

健茶王を実際に飲んでいる方の口コミを調べまとめました。良い口コミ悪い口コミ両方を掲載しています。

 

健茶王の良い口コミ

 

(すっきり烏龍茶の口コミ)
検診にて食後高血糖と診断され、こちらを毎食時に飲んでいます。
この手の他のお茶よりも飲みやすく美味しい味です。
HbA1cの値も安定しているので、飲み続けているおかげかなと思っています。

 


 

 

(すっきり烏龍茶の口コミ)
以前は蕃爽麗茶を飲んでいましたが、あちらは薬っぽい苦味が苦手でこちらに切り替えました。
毎食飲んでいますが体重も減り、血糖値も改善されたので続けていきます。

 


 

 

(香ばし緑茶の口コミ)
半年ほど飲み続けています。以前の健康診断では高血糖と言われていましたが
今では評価Aで血糖の数値も問題ありません。
また続けていきます。

 


 

 

普通の緑茶を飲んでいるようです。烏龍茶が苦手な方はこちらのほうがおすすめできます。
冷たいお茶でも暖かくしても美味しかったです。

 


 

 

いつもは烏龍茶の方を飲んでいますが、試しに黒豆黒茶を飲んでみました。
こちらのほうが癖がある味です。好みがわかれるかも。


 

健茶王の悪い口コミ

 

(すっきり烏龍茶)
元々お腹が弱い方なのですが、こちらを飲むと下痢になってしまいます。
飲む量を少なくしているため、肝心の血糖値の効果がわからず残念。

 


 

 

香ばしいとありますが、やはりトクホのお茶だなといった感じです。
香ばしさはなく、味も普通のお茶と比べるとおいしくはなかったです。


 

健茶王の詳細

通常価格 3888円(税込) 2リットル×6本
容量 1杯200mlで60杯分(約20日分)
飲み方

一日3回 食事とともに1回約200ml(黒豆茶は350ml)飲みます

1日のコスパ 三食の場合→1日辺り約194円
返金保証 なし

 

 

 

健茶王のメリット・デメリット 口コミ効果まとめ