蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)のメリット・デメリット 効果はあるの?口コミまとめ

グァバ葉ポリフェノールの働きで糖の吸収を穏やかに

 

 

ヤクルトの蕃爽麗茶。昔からあるお茶で、血糖値が気になる方には有名ですね。
ややクセのある味ですが、慣れてしまうと普通のお茶では満足できないといった声が豊富です。2000年に特定保健用食品を取得しました。

 

蕃爽麗茶のメリット・デメリット

蕃爽麗茶のメリット

グァバ葉ポリフェノールの働きで糖の吸収を穏やかに

炭水化物がブドウ糖になる前の段階で糖を分解する酵素の働きを抑えます。食事とともに摂ることで抑制します。

 

パックやペットボトル等種類が豊富

1食あたりに推奨されている200mlのパックタイプ以外にも、割安になるペットボトルタイプが500ml、1000ml、2000mlと各種用意されています。

 

ノンカフェインのお茶

蕃爽麗茶はノンカフェインのため、カフェインを摂りたくない方にもおすすめできます。

 

 

蕃爽麗茶のデメリット

コストが高い

パック、ペットボトルタイプなので、その分値段は高いです。
毎食時に飲むと一日あたり約324円であるため、サプリタイプやパウダータイプより割高です。

 

クセのある味。好き嫌いが別れます

普通のお茶とはちょっと違う味です。
すーっとするようなミントティーのような味があるため、最初は苦味を感じる方も多いです。独特の味なのでなれるまで時間がかかります。

 

 

蕃爽麗茶の口コミをまとめました。

蕃爽麗茶を実際に飲んでいる方の口コミを調べまとめました。良い口コミ悪い口コミ両方を掲載しています。

 

蕃爽麗茶の良い口コミ

 

家族の中に糖尿病患者がいるため、自分の健康のためにも飲み始めました。
味は最初は癖がありましたがなれるとおいしく感じます。
まだヘモグロビンa1cの数値は変化なしですが、今後も気をつけて続けていきます。


 

 

血糖値検査が要観察だったため飲み始めました。
最初は苦いしまずいので苦手な味でしたが、続けていたら慣れてきたのかおいしくかんじます


 

 

健康診断の結果が要経過観察であり、血糖値を抑えるときいてこちらを購入しました。
最初は渋い味がイマイチで少ししか飲んでいませんでしたが、近頃は慣れてきたので毎日かかさず飲んでいます。


 

 

血糖値が高めで危機感を覚えてこちらを購入しました。
カフェインをとると持病が良くないので、ノンカフェインであるこちらにしています。
味は確かにおいしくないですが、健康には換えられないし、飲めないほどではないので続けます。


 

 

検診で血糖値の数値が悪かったため購入。食事療法のつもりで続けていきます。
次の健康診断でよい結果出たらリピートしようと考えています


 

蕃爽麗茶の悪い口コミ

 

苦くて少し薬のような味です。
血糖値が下がればいいのですが、効果があるかはまだわかりません。


 

 

酸味が強く好みの味ではありませんでした。
まとめて買ってしまったので消費するのが大変です。健王茶と比べると苦くて飲みにくいです。


 

蕃爽麗茶の詳細

通常価格 108円(税込) 200ml×1本分
容量 200ml、500ml、1000ml、2000ml
飲み方

食事ごとに200mlを目安に飲みます

1日のコスパ 三食の場合→1日辺り約324円
返金保証 なし

原材料:グァバ葉、蕃果エキス、ビタミンC
その他の成分:グァバ葉ポリフェノール70mg以上

 

蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)ヤクルトのメリット・デメリット 口コミ効果まとめ